尾瀬国立公園田代の生い立ち


田代山は、1912730日に開山されたと伝えられています。この日、高野山の2人の高僧が地元の神主を伴って、まだ登山道のない田代山に登り、弘法大師の像を山頂に祭ったことによります。この時の神主が、田代山ふもとにある湯ノ花地区の大山善八郎時澄である。時澄は仏門に帰依し、山の頂上に「太師堂」を建立する。田代山の山頂にある避難小屋がそれです。小屋の奥には弘法大師の座像が祭られています。弘法大師の座像は田代山に1体、そして湯ノ花地区の共同浴場に1体、2体ありました。その共同浴場「弘法の湯」に納められた1体は、地元の人たちに篤く信仰されてきましたが、残念ながら数年前に盗まれてしまいました。現在、浴場の天井には、大師像を運んできた当時のかごも残っています。そのかごや太師像を大切に管理しているのが、時澄の子孫大山佳伸さんです。「新編会津風土記」には、「山中二広キ原アリ、其ノ中ニ田畝ノ遺形アリト伝」と記されており、田代山頂には、耕された田畑があったと言います。奥会津只見では、「田代山に雨が降ると川が赤くなる」と信じるお年寄りが今もおり、とにもかくにも田代山は古くから会津の人たちに信仰されてきた山でありました。田代山は、2007830日に尾瀬国立公園の一部として国立公園に指定された。標高1926m、山頂には広大な湿原を持ち、まさしく平な場所を持つ山です。6月に入ると、ショウジョウバカマ、チングルマ、ヒメシャクナゲなどの高山植物が咲き誇り、一面お花畑になります。山頂の湿原の下に雲海を抱くときがあり、その景観はまさしく、「雲上の楽園」と呼ばれるにふさわしい。田代山に行くには、主に猿倉登山口(湯ノ花温泉先)木賊登山口(川衣集落先)帝釈山登山口(桧枝岐村)があります。





マナーについて

  植物・動物・昆虫・土石の採取は一切禁止されています。  
  湿原への踏込は禁止です。  
  ペット連れの登山は禁止されています  
  ゴミの投げ捨ては禁止です。(必ずお持ち帰り下さい。)  
  ストックを使用する時は、キャップを付け、登山道や木道の上を突くようにしましょう。  
  国立公園のマナーを守って楽しい登山をお願いします。  
  山の天気は変わり易いのでけして無理をしないで下さい。  
コバイケイソウ
   
イワカガミ
   
ヒメシャクナゲ
   
オサバグサ
   







Copyright (C) 2017 minamiaizukanbusankyoukaitateiwakankousenter. All Rights Reserved